Sponsored Link

シェアハウスとは 住宅の設備や構成・入居時の費用など

Sponsored Link
シェアハウスとは1つの住宅に、他人同士が共同生活し
時には男女・日本人・外国人問わず一緒に住む
ゲストハウスとも呼ばれる居住形態です。

シェアハウス用語として入居している人は
シェアメイトと呼ばれ別の使われ方としては
メンバーとも言われます。

テレビドラマの影響で若者が多く、海外からの
外国人留学生・バックパッカーなどが共同生活し
職業も大学生や社会人・フリーターなど様々です。

テレビドラマの私が恋愛できない理由、NANAや
ラストフレンズなどシェアハウス関係のドラマでは
他人との接点があり、帰宅しても寂しくないような
感じがしますね。

特に地方から出てきて都会に慣れない若者も
シェアハウスという既に住んでいる入居人から
情報交換やアドバイスもあるでしょう。

単身の一人暮らしと違い本当にドラマのような
日常がある生活も、体験しなければ分からないものです。

シェアハウスは、入居時などに賃貸業者や
不動産管理会社が介在し一定のルールを設け
たりするのが特徴で、その点が
ルームシェアリングとの大きな違いです。

業者が介在するので、シェアハウス専用に複数が
生活できるように改築やリフォームが施工されている
物件もあります。

借り主から見れば保証人・敷金・礼金が
不要というのも普通のアパートやマンションなどの
賃貸物件との違いで、中には仲介手数料も無料の
シェアハウスも探せばあります。

シェアハウスは間取りは個人部屋と共有スペースが
あるのが普通で、共同設備としては家電製品で洗濯機や
乾燥機・コンロなどがあり設備としてトイレ・シャワー
キッチンなどがあります。

もちろん、シェアハウス入居の際に共有家電などの
種類が多ければ多いほど、引っ越しの際に用意する費用も
手間も省け、出費もせずに済みます。



※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。
Sponsored Link
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。